スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

カナリア文付き小瓶

カナリア文付き小瓶


作家名: モーリス・マリノー
作品名: カナリア文付き小瓶
制作地: フランス
制作年: 1925年
技法・素材: 酸化腐食掘り
サイズ: H23.8×W12.9×D7.8cm
作品番号: D-012

1920年代から1930年代にかけてのマリノーの作品は、4つのカテゴリーに
大別することができます。一つは、この栓付きの香水瓶の様なタイプで、
酸性の溶液にガラスを浸し、腐食によって表面に模様を付け、その深く
エッチングされた地模様と、レリーフによる装飾が統合された状態を創造
しようとしたものです。

マリノーはこの技法により、酸で腐食した表面の力強く荒々しいとも言える
ほど大胆な抽象的幾何学模様と、滑らかに研磨されたレリーフの部分との
対比により、透過した光の屈折による効果を最大限に引き出すことが出来る
ようになりました。このボトルの仕上げとなる小さな球形の栓は、マリノーの
殆どの作品の特徴であり、彼の完成のサインとも言えるものです。

at 16:22, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

3羽の燕の香水瓶

3羽の燕の香水瓶


作家名: ルネ・ラリック
作品名: 3羽の燕の香水瓶
制作地: フランス
制作年: 1920年
技法・素材: 無色ガラス、型押し、パティナ
サイズ: H12.3×W12.3×D4.1
作品番号: D-025

1902年、ラリックの止まることを知らないガラスでの試作実験は、
香水メーカーであるフランソワ・コティの関心を引き、コティから
自社の様々な香水のラベルのデザインと香水瓶の制作を依頼されました。

ラリックによるコティへの最初の作品は、ルグラ&シィーでクリス
タルガラスで作られ、その殆どは無署名でした。しかし1908年迄に、
ラリックは彼専用のガラス工場をコーム・ラ・ヴィーユに置き、そこで
独自のデザインで制作するようになります。そして第1次世界大戦が
勃発する迄に、ジュエリーの制作は殆どやめてしまっていたのです。

1918年、更に大規模な工場をウィンゲン・シュール・モデールに購入
すると共に、ガラスに重きを於いていた彼は、その生産体制を更に
強化しました。この「三羽の燕」と呼ばれる香水瓶は1920年に発表され
ましたが、これは数年間にユビガン、ロジェー・エ・ガレー、ガビラ、
そして彼自身の店メゾン・ラリック等の香水メーカーの為にラリックが
デザインした何十もの作品の内の一点です。又、今日多くのコレクターが、
ラリックの香水瓶を収集しています。

at 14:06, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

ジャック・イン・ザ・パルビット(天南星)




作家名: ルイス・カムフォート・ティファニー
作品名: ジャック・イン・ザ・パルビット(天南星)
制作地: アメリカ
制作年: 1918年
技法・素材: 光彩、ファヴリル・グラス
サイズ: H46.8×W26.7×D11.8cm
作品番号: N-119

ジャック・イン・ザ・パルビット(天南星)と呼ばれるこの植物は
草原によく繁茂しますが、ティファニーはこの植物の全体像をガラスを
用いて忠実に再現することで、彼にとってのアール・ヌーヴォーの理想を
完璧に表現しています。

ここで彼は器全体を。三次元的な描写によって。それ自体が対象の植物で
あるかの如く変形させています。器と装飾が融合し、一体となっている
のです。これはアール・ヌーヴォーにおける芸術的革命の成熟期を代表
するもので、同じく重要な作品にエミール・ガレが1904年に亡くなる
直前に制作した一連の自由な形態の花瓶のシリーズが挙げられます。

at 17:42, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

花器「フランスの薔薇」

フランスの薔薇


作家名: エミール・ガレ
作品名: 花器「フランスの薔薇」
制作地: フランス
制作年: 1900年頃
技法・素材: 内部装飾、エングレーヴィング、アプリカシオン
サイズ: H21.2×W9.3×D6.6cm
作品番号: N-011

この花瓶は、ガレの完成された技法を示す代表的な作例です。

豊かな色彩とすばらしいカーヴィング(彫刻)により、作品の外観は
生き生きしたものとなっています。自然を模倣したレリーフによる装飾は、
この花瓶を彫刻作品のように見せています。

ガレが制作した「フランスのバラ」という一連の花瓶の中には、この作品
よりも大きいものや更に手の込んだ作品も幾つかありますが、この花瓶は
質の高い作品の一つといえます。しかし、この作品を実現した技術の高さは、
外観の素晴らしさを遥に上回ると言えるでしょう。

この花瓶のテーマは強烈で、ここではバラをフランスの象徴としていますが、
ここでは普仏戦争(1870-1871年)後にドイツによってフランスの一部で
あったロレーヌ地方が併合された事によって傷ついた、ガレとロレーヌ地方の
同志達の民族主義的な自尊心の傷みを表現しているのです。

at 20:03, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水(その2)

h作家名: ルネ・ラリック
作品名: シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水
制作地: フランス
制作年: 1926年
技法・素材: プレス・ガラス、サンド・ブラスト、カット・ガラス、
       カーヴィング、ニッケルメッキ
サイズ: H290.0×上部泉水盤直D145.0×底部D232.0cm
作品番号: D-026

アール・ヌーヴォーの時代にはすでに若きジュエリー・デザイナーとして華々しく活躍していた
ルネ・ラリックではありましたが、40歳を過ぎてからガラス芸術に興味を持ち始めます。

ラリックは宝飾品製造技法のひとつであるロスト・ワックス技法をガラス芸術に応用したり、
フランソワ・コティーの香水瓶などの注文製作を始め、ガラス製品の量産化への道を歩みつつありました。
1925年のパリ芸術産業博覧会ではル・コルビジェが新たな住環境の提案を行い、ラリックも自身の
パヴィリオンを出展したのに加えて、セーブルの陶磁器パヴィリオンのためのガラスのテーブル、燭台、
そしてこの博覧会のモニュメントとなった大型のガラスの噴水「フランスの水源」などを出展していました。
ショッピング・アーケイドの噴水は、その翌年の発表で、ラリックの「ガラス工芸家」としての才能が、
まさに頂点に達した時代の作品といえます。

後年、ギャラリー・リドの取り壊し工事の際に噴水は2点とも撤去され、囲っていたオリジナルのモザイク
プールは、その時に既に壊されていたのではないかと思われます。以来、多くのガラスの噴水と同様、
ショッピング・アーケイドの噴水は永くその所在が知られておりませんでしたが、数年前、パリ郊外の
とある農家の納屋でそのうちの一点がほぼ完全な形で偶然にも発見されたのでした。後にこの噴水はラリックを
愛する人々によって完全に修復がなされ、1990年のパリ装飾美術展で行われた、ルネ・ラリック展に中心的な
作品として展示されました。この展覧会が1992年に日本に巡回し、東京国立近代美術館で多くの宝飾品と共に
展示され、大きな反響を呼びましたのは記憶に新しいところです。

現在の噴水の構造については、プール部分をグラス・ファイバー・コンクリートで補強し、土台には強度の
地震から作品を保護するため、フローティング構造の免震台を設置しました。照明には現代の最高の照明技術の
一つである光ファイバーによるライティング・システムを組み込み、ウォーターポンプのシステムと同調しながら
リモコンで作動するように設計されております。失われた土台部分のガラスのパネルは、ウィンゲン・シュール・
モデールにあるラリック社の工場で特別な協力のもとに再現されたものです。

飛騨高山美術館では来館者の皆様にこの噴水をよりよく鑑賞して頂くために、美術館の設計段階から「ルネ・
ラリック噴水ホール」を設計いたしました。多くの人々の芸術を愛好する気持が今日、この噴水ホールに
「ガラスと光と水の芸術」として結実したといえます。

at 10:27, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水(その1)

シャンゼリゼの噴水


作家名: ルネ・ラリック
作品名: シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水
制作地: フランス
制作年: 1926年
技法・素材: プレス・ガラス、サンド・ブラスト、カット・ガラス、
       カーヴィング、ニッケルメッキ
サイズ: H290.0×上部泉水盤直D145.0×底部D232.0cm
作品番号: D-026


1926年10月1日、パリのシャンゼリゼ通りに作られた「シャンゼリゼ・
ショッピング・アーケイド」のオープニング・セレモニーが盛大に
行われました。3千人の招待客を招いて開かれたこのセレモニーには
フランスを代表する著名人が招かれました。起案者であるレオナール・
ローゼンタールとともに人々を迎え入れたのは、総工費6千万フラン
以上に上った優美な建物と、アーケイドに並んだ、ルネ・ラリックに
よる一対の壮大なガラスの噴水でした。

飛騨高山美術館が収蔵するこの噴水は、当時ここに設置されていたうちの
一点で、これはシャンゼリゼのギャラリー・リドという回廊形式のパティオの
取り付けられていたものです。

シャンゼリゼを再開発し、当時流行のショッピング街であったヴァンドーム
広場やオペラ座付近に対抗するために造られたこの回廊の上には、広さ2,500屐
6階建てのオフィスとホテルが建てられておりました。

当時パリで巨匠と呼ばれた、シャルル・ルフェーブルの設計によるこの
アーケイドは、奇抜なホールと両脇に並ぶ100mほどの遊歩道、高い天井、
至る所に施された金属細工、鉄のバルコニー、ピカール親子による玉虫色に
輝く2枚の大きなステンド・グラス、そしてジャコッポツィの演出による
すばらしい照明が調和した優雅な空間でした。ラリックのこの噴水は、
豪華なショッピングモールのインテリアにふさわしいもので、まさにこの
アーケイドのモニュメントとして壮大なスケールを誇り、モチーフを様式化する
類まれなるラリックの才能が見られるアール・デコ期の最高傑作といえます。

アメジスト色のガラスと金属による、この噴水塔の4つの側面には、アーカンサスの
葉のレリーフがあしらわれて、段の付いたガラスパネルが取り付けられています。
そして台座上部は、ガラスのシャフトと俯いた女性立像によって囲われており、
彼女らの波打つ長い髪は足下まで伸び、魚がしっかりと抱きかかえられています。
これらは水をイメージする「泉の源(Source de la Fountaine)」として知られて
いる彫像です。

at 10:42, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

ベートーヴェン・フリーズの立像

ベートーヴェン・フリーズ


作家名: リヒャルト・ルクシュ
作品名: ベートーヴェン・フリーズ展の為のニーチェの泉に設置された1対の石像
制作地: オーストリア
制作年: 1902年頃
技法・素材: 成型コンクリート
サイズ: H211.0×W54.0cm
作品番号: A-034


「ベートーヴェン・フリーズ展」はウィーンの分離派館で1902年に開催され、
マックス・クリンガーによるベートーヴェン像、グスタフ・クリムトによる壁画
「ベートーヴェン・フリーズ」、そしてこのリヒャルト・ルクシュによる4体の
コンクリート製の立像によって構成されたインスタレーションでした。4体の
立像は男女2名づつによる様式化された細長い立像で、足下には噴水が
設置されていましたが、現存するのはこの2体のみです。

at 00:37, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -