| main | シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水(その1) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

ベートーヴェン・フリーズの立像

ベートーヴェン・フリーズ


作家名: リヒャルト・ルクシュ
作品名: ベートーヴェン・フリーズ展の為のニーチェの泉に設置された1対の石像
制作地: オーストリア
制作年: 1902年頃
技法・素材: 成型コンクリート
サイズ: H211.0×W54.0cm
作品番号: A-034


「ベートーヴェン・フリーズ展」はウィーンの分離派館で1902年に開催され、
マックス・クリンガーによるベートーヴェン像、グスタフ・クリムトによる壁画
「ベートーヴェン・フリーズ」、そしてこのリヒャルト・ルクシュによる4体の
コンクリート製の立像によって構成されたインスタレーションでした。4体の
立像は男女2名づつによる様式化された細長い立像で、足下には噴水が
設置されていましたが、現存するのはこの2体のみです。

at 00:37, 向井公規, 所蔵作品紹介

comments(0), -, - -

スポンサーサイト

at 00:37, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment